FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おおよそマニアックなシリーズの続編となります。

前回に引き続きまして、車遍歴をご紹介させて頂きたいと思います。




かくしてFIAT500という生き物みたいな車のお世話…いや所有してましたということを短くも恥ずかしながらご紹介したところですが、今回はその続きです。




FIAT PANDA(パンダ)といいます。

これが車検が通らず泣く泣く手放した500の次に飼育…いや、所有することになった車ですが、やはりFIAT社製の車です。

トリノに本社を置くイタリアの車メーカーなんですが、実はかなり大手です。
今日ではフェラーリも傘下なので、なんだかとても大手の車メーカーです。



このパンダ。

前の500に比べると一気に近代化が進んでいました。

エアコンあり。
つまりバッテリーあり。
もちろん暖房あり。
雨漏りせず。
切り替え式の四駆。
カーステレオあり。
前置き型の水冷エンジン。
パワステはなかったかも。


500のアナログ式と比較すると、正直ラクな車もいいなぁと感じたものです。
いきなりエンジン止まらないし、暑い夏も結構平気だし、冬でも暖かいし。
(それって普通かも)




500とは180°方向転換の角形デザインですが、どちらも生産コストを追求してのデザインだったとのこと。
ガラス面も全て平面。
ワイパーは一本。
内装だって極めてチープなデザイン。
ジウジアーロというデザイナー作だったと思いますが、その気持ちいいまでの潔さが好きなデザインでした。

そのDNAは後のFIATにも受け継がれていくわけですが、現代のあらゆる車に多少なりとも影響を与えた一台と言っても過言ではありません。



このパンダ。

車内の狭さは疲れますが長距離もよく走れるので、結婚前の彼女(現:奥さん)とよくあちこちに行きました。
本当にあちこちに行きました。
四駆に切り替えできたので、雪道だってこわくありませんでした。


500に比べれば少しは大きいものの、それでも大人が前に隣り合わせになれば肩は触れるか触れないかの距離です(笑)
親密さは増します(笑)


奥さんとは、「パンダ君」の愛称で呼んで可愛がっていました。
実に懐かしい思い出です。

最近ではあまり見かけない車ですが、やっぱりたまに見かけると目がいってしまいます。
その風貌からは想像もつかないくらい、意外と走る楽しさを感じられる一台でした。
高速域でのエンジンの回転が上がる時の音…
日本車にはない官能的なサウンド。



続く
(FIAT Multipla遍)



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://osunatu.blog.fc2.com/tb.php/29-7a81b2b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。