FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピザ窯を設えて早3年…

実働したのは数回のみ…

なかなかね、時間がないんです
夏は暑いし休みの日は雨降るし


言い訳ばかりですが、確かに稼働しないまま時間ばかりが過ぎていきます。

雨風にさらされて耐火モルタルも少しヒビが入ったり……

やっぱり屋根は必要なんだと思います。



実は屋根材はだいぶ前に購入してあります。
オンデュリン社(たしかドイツ)の屋根材です。耐久性は約50年というスグレモノ
(躯体はそんなに持ちません、多分)







いきなり立ち上がってますが、コツコツと加工した木を組みました。
蟻継ぎという在来工法の技法です。

もう見えませんが…


まるで鳥居のようになってます





後ろ側は、ブロック塀に埋めてある金具でアンカー固定します。強風にも飛ばされないように、工夫したつもりです





おもてから見える横架材・梁は、昨年近所で建て替えのために解体現場から出た廃材です。

やはりここも見えませんが、蟻継ぎ加工したものを組み込んでます

これが結構時間かかりました。


続く




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://osunatu.blog.fc2.com/tb.php/60-cad30453
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。